カワイピアノ教室 サウンドツリー1B (レッスン21~25)

このあたりから【ピアノ弾いてる感】が出てきました。

 

左手が伴奏で右手がメロディーという弾き方も定番になってきますし、1曲通して弾ききるようなレッスンになってきています。

同時に、この辺りから自宅練習をしていない子はつまづく事になるでしょうね。

 

ではいつものレッスン5つ分の動画です。

 

 

21.みんなでマーチ

タイトル通りマーチ調の曲です。

 

例によって先生手書きのタイも登場しています。

 

今まではあまり細かいことは言われませんでしたが、四分音符、二分音符の長さの違いもきっちり長さ通りに弾くよう求められます。

 

ここでは特に二分音符の長さですね。小節の最後が二分音符で終わる小節が多いのですがきっちり四分音符の2倍の長さを数えて終わるよう言われました。

 

 

22.伴奏をかっこよく弾く練習

CDによる音源はありません。

 

色々な種類の伴奏が書いてあるので、それを自分で読んで弾きます。

楽譜を読む練習も兼ねていますね。

 

左手単体で弾く分には難しいことはないでしょうが、右手も合わさると幼児には難しいんです。

 

これからのレッスンは左手がほぼ伴奏になるので、その前にいままでのおさらいをしっかり!という感じでしょうね。

 

 

23.チューリップ

はい、さっそく伴奏の練習を生かしてチューリップです。

 

ここでも四分音符と二分音符の違いをしっかりと!

タイじゃないなら繋げない!などきっちり楽譜通りにというのが求められます。

 

特にチューリップはグレード試験の課題曲にもなっているので入念に細かいところまで指摘されました。

 

グレードテスト15級

 

 

24.ダンス

4分の3拍子です。

 

特に難しいことはないですね。

 

 

25.かっこう

引き続き4分の3拍子ですがスタッカートが出てきます。

 

教材にはスタッカートは書かれていませんが、スタッカートで弾くところを先生から言われます。

 

こちらもグレードテスト15級の課題曲になっていますね。

 

 

サウンドツリー 1B(26~30)

 

 

このあたりのレッスンをやっていたのが2017年の4月くらいだったのですが、通常のレッスンの他にカワイ音楽教室発表会の練習もするようになりました。

それに伴い、7月が発表会だったのでその間の3か月はサウンドツリーの進行度が極端に遅くなっています。

発表会については別でまとめているのでそちらも観てみてください。

 

2017カワイ音楽教室発表会