カワイピアノ教室 サウンドツリー1A レッスン31~35

1A-31 どんなおと

さぁもうすぐ1Aの本も終盤ですが、ここにきて再び【どんなおと】です。

 

この曲は1Aの序盤で出てきて以来、レッスン開始前に必ず歌う曲です。

 

曲自体は毎回歌っているので慣れ親しんでいますが、実はまだ弾いていませんでした。

ここにきてようやくどんな音にチャレンジするのですが、まだ全部は弾きません。

 

ただし、全部は弾かないといってもハードルは結構上がります。

聞いて頂くとわかりますが、初めて右手と左手を同時に動かし、なおかつ10本全ての指を使います。

 

 

 

右手はウッディ君、左手はリーフちゃんが弾いているという設定ですがもちろん一人で2役やります。

両手を動かすといっても同時に同じ動きをするのでそこまでは難しくないんですけどね。

息子は割とあっさりクリアしてくれました。

 

 

1A-32 ひげじいさん

今回もカワイの曲ではなく童謡からひげじいさんです。

 

幼稚園の手遊びでもひげじいさんは慣れ親しんでいたので曲は知っていました。

これもどんなおととおなじく両手を使って弾きます。

まぁどんなおとの復習といった感じですね。

 

特に問題なくクリアです。

 

 

1A-33 もちつきぺったん

両手を同時に動かしてきた31と32でしたが33では別々に動かします。

 

ですがもちろん難易度が下がったわけではなく【リズミカルに弾く】という目標が設定されています。

 

リズムとかテンポとか割と無視で進んできていましたがちょっとだけ跳ねるようなリズムを要求されてきました。

 

 

1A-34 ホットクロスパン

ちょっと難しくなってきました。

 

前回のもちつきぺったんと目標とするものは同じなのですが、より複雑になっています。

 

楽譜上ではスタッカートの記載はないものの、歯切れよく弾くところはスタッカート気味で弾きます。

 

 

スタッカートという言葉も教えるわけではないのですが滑らかに弾いたり歯切れよく弾いたりする違いを1曲の中で使い分ける事を教えているようですね。

 

 

1A-35 野菜の畑

これは特に問題ないですね。

 

あっさりクリアしました。

 

サウンドツリー【1A-36】