カワイ音楽教室発表会 2017 ピアノ

2016年9月に習い始め、2017年4月頃、発表会の案内が来ました。

まだピアノ歴半年ちょっとの息子ですが、発表会は7月だしコンクールとは違い評価されるものではないという事で参加してみる事に!

 

その時の曲の動画と、発表会ってどんなことするの?という方向けにまとめてみました。

 

 

カワイ音楽教室発表会とは

日々の練習の成果を発揮する場です。

うちはピアノですが、ピアノ以外にも歌、二胡、など習っている楽器ならなんでも出演できます。

 

ピアノも一人でステージに上がるのが困難なお子さんは親、兄弟と連弾したり、連弾をする相手がいない場合は先生と一緒に演奏することもできます。

 

発表会の服装は?

気になる服装ですが男の子はスーツとまではいかないまでも割とパリッとした格好にローファー。

女の子はドレスの子がほとんどでした。

幼稚園の制服を着ている子は見なかったですね。

 

親の服装はどうでもいい感じです。

イオンに行って恥ずかしくない格好であればOK

 

デニムとかでもいいですし、季節的に短パンのお父さんもいました。

 

 

参加費

地域によって参加費は異なるようですが概ね1万円程度です。うちも1万円でした。

 

一応有料のチケットがあって、それを5枚購入するという名目です。

 

ですので、親戚などを5人まで呼べるのですが、それ以上の人を呼びたい場合はチケットを購入してもらう事になります。

まぁ大体の場合は自分で追加購入してプレゼントするんでしょうけどね。

 

 

選曲

発表会で演奏する曲は完全に自由です。

流行のポップスでもいいですし、ジブリなんかは定番ですね。

 

ただウチの場合は、まだ習い始めて1年ほど、何が弾けて何が弾けないのかもよくわかっていないので先生が選んでくれます。

 

息子も5曲くらいの候補から2曲選びました。

 

鐘の音】と【グレーの小さなロバ】という曲です。

 

出演を決めてから3か月あったので、その時の息子にはちょっと難易度の高めな曲を選びました。

 

その為、サウンドツリーは大幅に遅れてしまったのですが実際にこの時に習っていたサウンドツリーの曲では出てこなかった表現記号や指の動きを練習することになり、のちのサウンドツリーが非常に楽になりました。

 

手書きで先生が注意ポイントを丁寧に書いてくれています。

 

 

感想

人前で演奏するという事自体が初めてだった息子ですが特に緊張するでもなく堂々と弾ききってくれました。

むしろ緊張したのは親です。

 

後々、コンクールにもでてからわかった事なのですが発表会はお祭り気分でオッケーです。

 

冒頭でも書いた通り、日頃の成果を発揮する場なので評価をされる場ではありません。

レベル的にも色々な子が出演していて、まだ習い始めて数か月の年少さんまでいます。

 

うちの子はまだヘタだから・・・とか気にする必要は一切ありません。

今はまだ出れる状態じゃなくても、人前で演奏する事を目指すなら場慣れという意味でも気軽に出た方がいいですね。

 

おすすめの記事